フラメンコの動きのポイント

フラメンコの動きが上手く出来ない、綺麗に決まらないという人も多いかと思います。
フラメンコには力をギュッと込めたような動きも多いですが、力を抜く瞬間があるからこぞ力を入れた時の動きもさまになるものですね。

 

動き

 

また、動きと呼吸には密接な関係があり、力を抜く時には息を吸い込み、逆に力を込める時には息を吐くようにします。
例えば、腕を上げる時、もしくは体を広げる時には息を吸うことで、力がおのずと抜けていきます。

 

 

その際には、少しずつ息を吸いながら上げていくようにして、イメージ的には身体全体で呼吸をしている感じで、腕を上げきった、広げきった時には息を大きく吸い込みます。

 

 

そして、吸いきったところで、今度は息を吐いていきます。
そうずることで、自然と力が入っていき、少しずつ息を吐きながら、力を込めていき、全身で呼吸するような感覚を持ち、腕を下げて体を縮めていくようにします。

 

 

その他に、最後の決めのポーズや回転して止まる瞬間など、一瞬で体の動きを止める時には、呼吸も同時に止めるようにすれば、動きもブレにくくなります。

 

 

ですので、フラメンコの動きのポイントは、力を込める時には吐き、抜く時には息を吸うということです。
本来、呼吸と体の動きは連動しているものなので、力が入りっぱなしに踊りにもなりませんからね。

 

 

上手く、出来ない時には身体を伸ばしてするあくびを思い出してみて下さい。誰しも必ず息を吸いますからね。
なお、DVDの映像ならリズムやステップ、体の動きなどもイメージしやすく、繰り返し見ることで手や腕、足のフラメンコならでは独特の動きも身につけやすいでしょう。

 

 

特にフラメンコを始めたばかりの初心者の人は、いきなり教室に行ってもまずついていけません。足に意識がいくと手が動かなとか、逆に手に意識がいくと足を忘れるということもしばしばあると思うので、フラメンコの動きは頭じゃなくて、何度も映像を見て練習して身体で覚えて下さいね。

 

鈴木眞澄のフラメンコレッスンDVDの詳細を見てみる >>